転職先を決めてからの退職 : 退職を円滑にするために

転職先を決めてからの退職

転職をするために今の会社を退職する人はたくさんいます。退職する前に転職する先が決まっている人は、退職に関する手続きさえ済ませれば、退職する会社との間には何も心配することはないでしょう。
退職前に転職先が決まっていない人は、大変な面もあります。退職してから転職先を探すのか、今の仕事をしながら探すのかを、自分の中ではっきりと決めておいた方がいいでしょう。今の仕事を続けながら転職先を探すと決めたのなら、退職したいと思っている会社にはバレないように注意しましょう。
今勤めている会社を退職する前に転職先が決まっても、転職先の会社名は言わないでおく方が賢明です。違う業界へ転職するならまだいいかもしれませんが、同じ業界の違う会社に転職するとなると、特に言わない方がいいでしょう。転職先の会社のことを、今働いている会社の人たちが知っている可能性は高くなります。
転職が決まりながらも、同僚と一緒に仕事をするのはつらいかもしれません。特に仲が良かったり、信頼関係で結ばれているのなら、尚更でしょう。そういう時には、つい転職することを打ち明けたくなってしまうかもしれません。誰にも言わずにいることは大変つらいことでしょう。
しかし、そこはぐっとこらえるべきです。転職を決意したのは自分自身です。自分のやりたい仕事を実現するために、今の会社を退職すると決めたのであれば、円満に退職することも必要です。
決意が固まらず、迷っている状態で話してしまうと、それは相談していることになるので、引きとめられることもあるかもしれません。自分の中で充分に考えてから行動しましょう。


退職して転職しようと決断したということには、何かしら理由があると思います。発揮できる能力があるのに生かすことができないとあなたが感じているのあれば、退職した方がいいかもしれません。能力を充分に発揮できる、あなたにとってふさわしい場所を探してみるのもいいでしょう。
退職を決めてから、退職しようとしている会社の今まで見えていなかった部分が見えてくることもあります。退職して新たな自分の一面に出会うこともあるかもしれません。それらを全て、次の職場で生かせるように努力しましょう。
退職、転職には大変なことがたくさんあります。しかし、退職、転職の経験を通じて新しく気付くことも同じくらいあるはずです。それを自分の人生にプラスに生かしていくことができれば、退職、転職してよかったと思えるのではないでしょうか。
退職することが決まったら、今までお世話になった人々には直接会ってか、または手紙で挨拶することが好ましいでしょう。退職後の計画や、新しい仕事についてなど、そしてお世話になったお礼を忘れずに。
転職して再出発することを、知人友人などにも直接会うかもしくは手紙で報告しましょう。


リクナビNEXT は条件登録で新着求人情報をメールでお届け。気になる企業を検討中リストに保存することで求人開始と同時にメールでお知らせ。



はたらいく が実施した人事担当者のアンケートでは企業が応募者の性格や人となりを重視していることが判明。「らいくレジュメ」にひとがら登録をして履歴書や職務経歴書では表せない自分らしさをアピール可能。



anレギュラー では給与や職種、エリアでの検索はもちろん、駅、路線、語学力、未経験歓迎やボーナス有、寮社宅あり、社内割引ありといった様々な検索方法があります。



ジョブセンスLink
転職/求人情報のジョブセンスLinkは 採用決定で最大10万円の転職祝い金が贈呈される求人情報サイトです。 バイトから正社員へステップアップ。未経験から年収500万円を目指す。 自分のキャリアを登録して企業からのスカウトをつのるなど。



積算 求人 ビジトモナビ
住宅、建設、工事、不動産、金融、証券、生命保険関連に特化した業界最大級の転職・仕事情報ポータルサイト




美容師 転職 美容師の求人はビーキャリア
首都圏最大級の求人数!美容師専門の人材派遣・転職支援サイトです。


いい就職.com
第二新卒者・既卒未就職者・新卒大学生など20代の就職をサポート。少数採用や内定辞退による欠員補充など、一般的な就職サイトに掲載されない非公開求人も多数。