退職のタイミング : 退職を円滑にするために

退職のタイミング

退職といえばかかせないのが退職届と退職願いです。退職届は、退職することが会社に認められている場合に出すものです。退職願いとは、退職の意思をこれから伝える時に出します。なので、口頭で先に退職の意思を伝えずに自己都合で退職する場合、もしくは同時に伝える場合、退職願いを出すことになります。
また、リストラや早期退職制度、希望退職制度への応募の場合、口頭で先に退職の意思を伝えた場合などは退職届を提出します。会社や上司、同僚などに迷惑がかからない退職ができるように、自分の場合は、退職届けか退職願なのかを考えてから提出しましょう。


退職願いを提出したにもかかわらず、上司が退職願いを受理してくれない場合であっても、法律上は、口頭で退職の意思を伝えただけでもちゃんと効力を発揮することになっています。
退職届を出す場合には、退職する日時を口頭で具体的に伝えて、その後に退職届を正式に出すというのが一般的です。
退職届とは、勤めていた会社を退職する時に提出するものです。民法では、解除を届け出た十四日後に解除することができることになっています。


退職すると決めたら、退職する意思を伝えるタイミングが重要になります。次の就職先が決まっているか、退職してから探すのかによっても、伝え方が変わってきます。会社によって決められている場合もありますが、退職を希望する一ヶ月以上前に退職の意思表示をする必要があるでしょう。
退職したいことについて、上司にどうやって伝えるかが問題です。どうしようか迷っていて時間ばかりが過ぎてしまうなんてことにならないようにしましょう。自分の中で退職したいという意思が決まっているなら、早めに伝えた方が自分のためにもなります。午前中や昼休みなど、あまり忙しくない時間を選んで、直属の上司に直接伝えましょう。




リクナビNEXT は条件登録で新着求人情報をメールでお届け。気になる企業を検討中リストに保存することで求人開始と同時にメールでお知らせ。



はたらいく が実施した人事担当者のアンケートでは企業が応募者の性格や人となりを重視していることが判明。「らいくレジュメ」にひとがら登録をして履歴書や職務経歴書では表せない自分らしさをアピール可能。



anレギュラー では給与や職種、エリアでの検索はもちろん、駅、路線、語学力、未経験歓迎やボーナス有、寮社宅あり、社内割引ありといった様々な検索方法があります。



ジョブセンスLink
転職/求人情報のジョブセンスLinkは 採用決定で最大10万円の転職祝い金が贈呈される求人情報サイトです。 バイトから正社員へステップアップ。未経験から年収500万円を目指す。 自分のキャリアを登録して企業からのスカウトをつのるなど。



積算 求人 ビジトモナビ
住宅、建設、工事、不動産、金融、証券、生命保険関連に特化した業界最大級の転職・仕事情報ポータルサイト




美容師 転職 美容師の求人はビーキャリア
首都圏最大級の求人数!美容師専門の人材派遣・転職支援サイトです。


いい就職.com
第二新卒者・既卒未就職者・新卒大学生など20代の就職をサポート。少数採用や内定辞退による欠員補充など、一般的な就職サイトに掲載されない非公開求人も多数。