英語講師 : 語学力を活かせる仕事

英語講師の求人情報





英語講師の求人募集を探すにはネットの求人情報サイトが便利です。しかし、いざ探してみると案件が少なかったり他の職種に埋もれていたりと比較的見つけにくいことがあります。
そんなときにはシゴトインバイトで条件を指定すると簡単に見つけられます。キーワードを英語もしくは英会話と入力して下のほうの『もっと条件を絞り込む』のところで『職種を選択』の『教育』にチェックを入れ(これやらないと見つけるの大変です。)さらに絞り込んで探すをクリックするだけです。さらに絞り込みたければ地域や給与などの条件も選択してみましょう。
英語講師を探すときのコツですがキーワードを考えるときに英語講師、英語教師、英会話講師、英会話教師などいろいろ出てきますがそれらを入力するとなぜかほんの少ししか出てきません。職種を教育にしてキーワードを英語もしくは英会話、これがベストの探し方です。

英語講師という職業について

英語講師と言うと、外国人のネイティブスピーカーを思い浮かべるかもしれませんが、日本人の講師の存在も重要な仕事です。日本語と英語の違い、日本と外国の価値観や文化の違いなど、日本人だからこそわかることがあります。言葉だけでなく、英米人との価値観や文化の違いまで教えることが求められます。
語学スクールの初心者クラスや英語関係資格取得のための講座、ビジネスマン向けの講座などはどちらかといえば日本人講師の方が向いています。

英語講師として必要なスキルは、TOEIC(R)なら850点以上、英検は準1級以上のレベルが必要です。ビジネス英語を教える場合は、その仕事の現場で必要となる専門的な用語や技術用語など、その分野に関する知識も必要になってきます。
英語講師には語学力に加えて、教える立場として、生徒とうまく接するコミュニケーション能力や、生徒を楽しませるパフォーマンス能力も必要といえます。
英語講師として働く場所は、語学スクールや自治体などが開いている英会話教室、企業が従業員のために開いている講座などがあります。語学スクールの場合は、正社員として専任講師になる場合と、契約社員として非常勤講師として働く場合があります。

転職に便利な求人情報サイト



リクナビNEXT は条件登録で新着求人情報をメールでお届け。気になる企業を検討中リストに保存することで求人開始と同時にメールでお知らせ。



はたらいく が実施した人事担当者のアンケートでは企業が応募者の性格や人となりを重視していることが判明。「らいくレジュメ」にひとがら登録をして履歴書や職務経歴書では表せない自分らしさをアピール可能。



anレギュラー では給与や職種、エリアでの検索はもちろん、駅、路線、語学力、未経験歓迎やボーナス有、寮社宅あり、社内割引ありといった様々な検索方法があります。



ジョブセンスLink
転職/求人情報のジョブセンスLinkは 採用決定で最大10万円の転職祝い金が贈呈される求人情報サイトです。 バイトから正社員へステップアップ。未経験から年収500万円を目指す。 自分のキャリアを登録して企業からのスカウトをつのるなど。



積算 求人 ビジトモナビ
住宅、建設、工事、不動産、金融、証券、生命保険関連に特化した業界最大級の転職・仕事情報ポータルサイト




美容師 転職 美容師の求人はビーキャリア
首都圏最大級の求人数!美容師専門の人材派遣・転職支援サイトです。


いい就職.com
第二新卒者・既卒未就職者・新卒大学生など20代の就職をサポート。少数採用や内定辞退による欠員補充など、一般的な就職サイトに掲載されない非公開求人も多数。