米国不動産鑑定士 : いろいろな職業

米国不動産鑑定士

米国不動産鑑定士は、米国各州で土地、建物の売買の仲介、賃貸物件の仲介などの、不動産の取引業務を行う仕事です。

米国不動産鑑定士になるには、リアルエステートセールスパーソンという米国不動産ライセンスの取得が必要です。
試験には、法律、金融、経済などの専門知識が必要になります。
もちろん英語力が必要ですが、英検2級程度のレベルがあれば合格できるでしょう。
受験資格に州によって違います。カリフォルニア州の場合では、州外者でも受験でき、18歳以上で学歴、実務経験は問われません。
日本国内にも、受験対策の講座を持つスクールがあります。

米国不動産鑑定士の資格を持つ人は、労働ビザを取得してアメリカで働く人もいますが、日本国内の外資系企業や、アメリカに支社を持つ企業などで働く人もいます。

米国不動産鑑定士は日本国内だけでなく、海外の不動産に興味がある人に向いている仕事です。
不動産売買をする上での交渉力が必要になるでしょう。

転職に便利な求人情報サイト



リクナビNEXT は条件登録で新着求人情報をメールでお届け。気になる企業を検討中リストに保存することで求人開始と同時にメールでお知らせ。



はたらいく が実施した人事担当者のアンケートでは企業が応募者の性格や人となりを重視していることが判明。「らいくレジュメ」にひとがら登録をして履歴書や職務経歴書では表せない自分らしさをアピール可能。



anレギュラー では給与や職種、エリアでの検索はもちろん、駅、路線、語学力、未経験歓迎やボーナス有、寮社宅あり、社内割引ありといった様々な検索方法があります。



ジョブセンスLink
転職/求人情報のジョブセンスLinkは 採用決定で最大10万円の転職祝い金が贈呈される求人情報サイトです。 バイトから正社員へステップアップ。未経験から年収500万円を目指す。 自分のキャリアを登録して企業からのスカウトをつのるなど。



積算 求人 ビジトモナビ
住宅、建設、工事、不動産、金融、証券、生命保険関連に特化した業界最大級の転職・仕事情報ポータルサイト




美容師 転職 美容師の求人はビーキャリア
首都圏最大級の求人数!美容師専門の人材派遣・転職支援サイトです。


いい就職.com
第二新卒者・既卒未就職者・新卒大学生など20代の就職をサポート。少数採用や内定辞退による欠員補充など、一般的な就職サイトに掲載されない非公開求人も多数。